2019年01月01日

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は格別のご愛顧、ご高配を賜り、まことにありがとうございました。

AuB株式会社は設立以来、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できる様、またその知見を皆さまの健康に活かせるサービスを提供し、社会へ貢献できるよう日々活動を続けてまいりました。これらも日頃の皆さまのご支援やご指導の賜物です。社を代表し心より御礼申し上げます。

さて昨年弊社は初めて学会で「アスリートと一般の方の腸内細菌叢の違い」「高齢者アスリートの腸内細菌叢」のテーマで研究成果を発表いたしました。

そして設立から3年目、ようやく皆さまに公表できるタイミングとなりました。これまでの研究によりアスリートに特徴的な菌、特徴的な菌叢を発見し、これらの菌を「アスリート菌」と命名いたしました。

これら成果は、今後アスリートのコンディショニングにおいて非常に重要な指標になると確信をしており、本年はより一層研究を加速してまいります。

ラグビーW杯、東京五輪が近づいてきて日本ではスポーツ界が非常に盛り上がっております。アスリートが活躍をすることで、日本がより一層元気になると思いますので、弊社はアスリートが輝ける環境を整えられるよう、日々のサポートを強化してまいります。

また2018年の事業成果としては「腸内細菌講座」という形で、全国各地ビジネスマンからお子様をお持ちのお母様向けなど幅広い方々を対象に活動範囲を広げ、研究で得られた知見を還元してまいりました。

私自身も講師となり、アスリート時代に経験をした内容や習慣を交えながら、心身のコンディションを整えることの大切さ等についてお話をさせていただきました。

2019年も腸内細菌講座を通じてお一人でも多くの皆さまの健康増進に貢献できるよう活動をしてまいりたいとともに、新たなサービス・商品の発表を準備しております。

ひとつは、腸内細菌の検査を一般の皆さまにもお受けいただけるよう準備を進めております。

弊社で行っていただく際の検査の特徴は、アスリートの研究データと比較できることと栄養士などとの連携により検査後に対面や電話でのアドバイスを実現できる点です。

健康診断など検査数値を見てもあまりよく分からない、というご意見が多いと思いますが、我々はよりパーソナルなアドバイスが出来るよう努めてまいります。

アスリートは、トレーナーが日々心身のコンディションを管理し、メンテナンスをしてくれますし、シーズンオフの期間にはゆっくりと心身を休めることができます。

しかしアスリートでない限り、トレーナーなんているはずがなく、毎日が試合のようで心身を休める機会はあまりないと思います。そして自分の体調は、自分で管理をしなければなりません。

この日々の体調管理の面をAuBが皆さまのトレーナーとなってサポートできればと考えております。

まもなくリリースできる予定ですので、楽しみにお待ちいただければ幸いです。

 

いつもお伝えをしていることですが、弊社の一番の想いは「アスリートのために、アスリートが最高な状態でパフォーマンスが発揮できる様なサポートをしたい」ということです。しかし、それには日頃から応援してくれる人の存在が非常に重要だと考えております。

だからこそ皆さまがいつまでもスタジアムに通いたいと思ってもらえるように、またスポーツ観戦以外にもご自身の大好きなことに年を重ねてもいつまでも続けることが出来るような心とカラダの健康作りをAuBはサポートしていきたいと考えております。

皆さまには、本年も変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。

2019年が、皆さま、そして皆さまのご家族にとって、健康で実りの多い素晴らしい一年となりますことを心より祈念いたします。

鈴木 啓太 画像

 

 

 

 

 

 

 

2019年1月1日

AuB株式会社

代表取締役社長 鈴木 啓太