【ニュースリリース】資本業務提携する大正製薬と合同で、スポーツ指導者に向け講演「第 7 回ジャパンコーチズアワード」

アスリートの腸内環境の解析を手掛けるスタートアップ「AuB(オーブ)(株)」(東京・中央区)は、資本業務提携する大正製薬(株)と合同で、スポーツ指導者向けに、「アスリートと腸内環境の関係性」ついて講演します。
当日は、サッカー元日本代表で当社代表を務める鈴木啓太が、現役アスリートの腸内環境のデータを示しながら、「腸から整える選手のコンディショニング」をテーマに講演します。
重要な試合に向けてコンディションを最高の状態に調整する「ピーキング」と「腸内環境(腸内フローラ)」の相関関係についても言及します。
近年トップアスリートの世界では「コンディションの土台は腸にある」と考えられるほどで、その重要性を具体例とともに説きます。
講演は、2020 年 1 月 25 日(土)開催の、日本のスポーツを支える指導者の祭典「第 7 回ジャパンコーチズアワード」のイベント内で行います。登壇時間は 14:45~15:15 頃です。

プレスリリースはコチラ