【ニュースリリース】浦和レッズに5年ぶりの帰還! 若手選手育成のサポートで契約締結

若手選手育成サポートで契約締結
商品の売浦和レッズ アカデミーの強化費還元

AuB(オーブ)(株)」(東京・中央区)は、サッカーJ1の浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)と、浦和レッズ アカデミーの強化を目的としたパートナー契約を、20212月に締結します。
契約期間は2021シーズンから2023シーズンまで3年間で、当社サプリメント「AuB BASE(オーブ ベース)売り上げの10%アカデミーの強化費てることで合意しました。
鈴木啓太2000年に浦和レッズに加入し、2015シーズンを最後に引退するまで16年間浦和レッズ一筋で現役生活を送りました。そのレジェンドが今度はクラブのパートナー企業として、5年ぶりにチームに“帰還”します。
パートナー契約の対象商品はアスリート500人の腸内細菌を解析して開発した腸内環境を整えるサプリメント「AuB BASE190粒入り、1カ月分定期購入:送料無料・税込5378円(初回特典:3218円、専用ケース付)です。契約締結を機に特設する浦和レッズ専用特設ECサイト10%浦和レッズのアカデミー部門18歳以下の選手が所属)の強化費として活用してもらいます。

今回の契約は、アスリートの腸内細菌の研究から得た売り上げを次世代アスリートの育成等に還元するという、新たなスポーツ支援の形で、当社としても初の試みです。同時に、“腸活”を通じて、浦和レッズのファンやサポーターの健康にも寄与します。

【特設サイト】 「浦和レッズパートナーシッププロジェクト」
https://aubstore.com/pages/lp_aubbase_urawareds_20210225

プレスリリースはこちら