AuB-001

AuBの発見、新しいビフィズス菌

AuB ではかねてから注目する、アスリートがいました。

これまでの DNA 解析で特徴的な腸を持つ被験者を割り出し、元オリンピック選手から、ヒトに有効な新機能を持つ腸内細菌(ビフィズス菌の菌株)「 AuB-001 」を発見しました

発見したのは、天然の糖質の一種であるソルビトールを栄養源(エサ)に出来る特異なビフィズス菌で、糖を分解する(エサにする)過程で、免疫機能を整える酢酸を一般的な同種の菌より約11倍も産生するのが特長です。

加えて、耐酸性に優れていることから、胃で死滅する一般的なビフィズス菌と異なり、腸まで生きて届きやすい性質であることも分かっています。

AuB-001に関するニュースリリース

3つの特徴

今後は、AuB-001を用いた自社商品の開発や菌素材の外部提供などを行っていきます。

新機能 ソルビトール資化能を持つビフィズス菌

従来のビフィズス菌の機能に加えて、天然の糖類(なし・りんご・ももなど)の一種であるソルビトールを栄養源(エサ)にできる特異なビフィズス菌です。

より多くの食材を栄養源にし、体に良い成分である短鎖脂肪酸を作り出してくれることが大きなメリットとなります。

ソルビトール資化能をもつ、ビフィズス菌(ビフィドバクテリウム属ロンガム種の菌株)は、これまで未発見でした。


ヒトに有効な酢酸を通常の11倍産生
※特定の培地にて

ソルビトールを分解する(エサにする)過程で免疫機能を整える酢酸を一般的な同種の菌より11倍も生産します。

酢酸は、「感染症を予防する機能」と「免疫機能が過剰に働くことを抑える機能」の両方を有する、ヒトの健康においてとても重要な役割をしています。


胃酸に強く腸まで届きやすい

一般的にビフィズス菌は酸性の環境に弱いため、経口摂取した場合には胃液の影響で死滅しやすく、生きたまま腸に到達し難い一方、ビフィズス菌AuB-001は、胃酸に強く腸まで生きて届きやすいという特徴があります。

生きて腸まで届くことで、腸内で短鎖脂肪酸を作り出すことができ、ヒトの健康においても有効な機能であると考えられます。

今後は、AuB-001を用いた自社商品の開発や菌素材の外部提供などを行っていきます。